セミナーレポート「薬膳料理セミナー」 |2011,05,02 | ナチュラルハンドアカデミーHOLOS
お問い合わせ・資料請求
セミナーレポート「薬膳料理セミナー」 |2011,05,02

「春の養生・美味しく食べてストレス予防!」

※4月30日(土)に行われた薬膳料理セミナーのレポートです!

お馴染み☆三浦由紀子先生です!

本日10名のご参加者様です。
お一人は、学校のご見学を兼ねてセミナーへご参加頂きました。

本日のテーマである“ストレス予防”の食材たちは肝の働きが活発
になるよう応援してくれる“理気”や“芳香”の効能があります。

春の食材“青(緑)”のものが多いのです。

画面では解りにくいですが、セロリたっ~ぷり!ウドとホウレン草
ねぎ、三つ葉が活躍です。


本日は男性2名!料理に挑戦のW君と料理が得意のSさん(余裕の笑み)

早速、其々の班にわかれて仕込みを始めます。


手馴れた女子チーム★自信と美しさに満ち溢れてます


新婚さんで料理は任せて!のKさんと、カップケーキの粉を練りすぎるW君


ウドの葉を集めてキンピラにしましょうか!と三浦先生。盛りつけの姿が美しいKさん。

どんどん出来上ってまいりました。

ホウレン草入りのデザートが綺麗に蒸しあがりました。

なんて華やかな彩でしょうか~

仕込みが済んだら、仕上げを残して一旦講義を開いて頂きます。
今日のテーマに対しての中医学講座です。
皆さんも普段お勉強している基礎内容を料理として表現する事の楽しさを
再確認です。肝の働きを助ける「疏肝理気」を経穴・経絡ならどんな選穴か
頭に浮んだ人は偉いっ

食材であれば肝に帰経して、理気と芳香の作用があるものを中心に
偏り過ぎないようバランをとって彩も考えるのですね。

三浦先生の講義はいつも実践的で勉強になります。
今日のお茶は「ジャスミン」「マイカイカ」のブレンドでどちらも香りが素敵です


毎度、同じメニューでも其々の個性がでる盛り付け

最後はいつも時間に追われて食べるのですが今日も私一人自分が担当した
ホウレン草カップケーキを自慢するためにはしゃいでしまいました

【メニューの詳細】

○ひじきご飯
胚芽米、雑穀、ひじき、にんじん、えのき、糸こんにゃく、さやえんどう

※肝だけでなく、脾を労わる事はストレスに強くなる事の
大切な要素で、お米で“補気”の効能を期待します。

○鰆の蒸し物
鰆、にんじん、しいたけ、ねぎ、セロリ

※春が旬の鰆で気を高め、セロリ平肝清熱・疏風の効能が
タップり効いた酒蒸しです。

○ウドとセロリの酢味噌和え
ウド、セロリ、わかめ、枸杞子、酢

※ウドの肝に帰経し、疏風除湿止痛の効果とセロリと酢に
よってストレスによって脇腹が痛んだりイライラし易い
ときにはぴったりの爽やか和え物です。
枸杞子の戻し汁も加えて養肝明目の効能も頂きます!

○ごぼうの味噌汁ごぼう、三つ葉、にんじん

※ごぼうの疏散風熱、みつばの疏風効果など
がポイントのお味噌汁です。

○ほうれん草パンケーキ
ほうれん草、豆乳、漉しあん、オレンジピール

※ほうれん草による“青”色の蒸しパンケーキ。
こしあんとオレンジの香りがとても上品で
オレンジピールの理気効果もばっちりです。

○玫瑰花とジャスミンのお茶

※春は花びらのお茶が芳香作用があり
ジャスミン・玫瑰花はともに行気解欝
肝に帰経する、この季節にはピッタリの
お茶です。

※次回の『薬膳料理セミナー』は7~8月を予定しております。
詳細が決定次第お知らせいたしますので、どうぞお楽しみに☆

渡辺


お知らせ&受付中の講座